2010年01月26日

県職員を現行犯逮捕=酒気帯びで追突−山梨県警(時事通信)

 酒気帯び運転で追突事故を起こしたとして、山梨県警南部署は23日までに、道交法違反(酒気帯び運転)などの容疑で、県峡南林務環境事務所県有林課長仲亀三久容疑者(60)=同県南部町福士=を現行犯逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は22日午後9時ごろ、酒気帯び状態で軽乗用車を運転し、同県身延町切石の国道で、片側交通規制のため止まっていた車に追突、車内にいた男女2人の首にねんざを負わせた疑い。
 同署によると、追突された車の男女からの通報で駆け付けた署員が検査したところ、呼気1リットル当たり0.15ミリリットル以上のアルコールが検出された。同署は酒気帯び運転の経緯などを調べている。 

【関連ニュース】
自衛官、酒気帯び運転で逮捕=信号支柱に衝突
酒気帯び運転で自衛官逮捕=帰宅途中に接触事故
酒気帯びで原付き、新聞配る=読売配達員を逮捕
飲酒運転巡査を懲戒免職=道交法違反容疑で書類送検
岩手県警参事官を懲戒免職=酒気帯びで物損事故、逮捕

ティンカーベル「綿100%」実はポリエステル(読売新聞)
<訃報>境田巌さん68歳=日本ホッケー協会常務理事(毎日新聞)
<前原国交相>JR不採用問題「早く解決を」(毎日新聞)
小沢氏、東京地検の聴取応じる方向(読売新聞)
小沢氏に説明促す=首相(時事通信)
posted by ウマキチ at 02:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

島の都議補選、民主・自民の大物が続々現地へ(読売新聞)

 民主、自民の新人同士の一騎打ちとなった伊豆、小笠原諸島からなる東京都議会・島部選挙区(定数1)の補欠選挙(一部除き24日投票、同日開票)が、鳩山政権の支持率低下や小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件といった展開の中、最終盤を迎えた。

 両党とも夏の参院選も見据えた負けられない戦いとして、連日、都議だけでなく国会議員らを応援に投入、有権者数約2万4000人の島々の選挙は異例の様相を見せている。

 「事件については何とも言いようがない。有権者からも質問がなかった」。昨夏の衆院選で初当選した民主の江端貴子衆院議員(東京10区)は、大島町で演説を終えた17日午後、空港でホッとした表情を見せた。

 補選は、自民の現職都議だった川島忠一氏の死去に伴うもの。川島氏が7期24年守った議席を奪うため、民主は著名議員らを入れ替わりで動員する作戦で、これまでに枝野幸男、海江田万里両衆院議員らを投入。今後、菅直人副総理や蓮舫参院議員らも入る予定だ。

 民主側が強調するのは「政権与党、都議会第1党」。同党は8日、島部の主な町村長らを国会内に呼び、小沢幹事長が「皆さんの要望を政府に働きかける」とあいさつした。首長の1人は「選挙目当てだ」と顔をしかめた。

 しかし、下落する内閣支持率、小沢幹事長の資金管理団体の事件を受け、「政権与党」がどこまで通用するかは未知数。八丈町に入った衆院議員秘書は「負けたら検察を勢いづかせるかも」と危機感をにじませた。

 一方の自民は「石原与党」を強調する。「島部に予算を付けるのは都。石原慎太郎都知事の来年の任期までは都が責任を持つ」。島部が自身の選挙区でもある石原宏高前衆院議員は、こう訴えて回る。17日に大島町入りした丸川珠代参院議員は「小沢さんはこの分野(の予算)を削ると言ったら本当にその通りにする」と声を張り上げた。

 八丈町の造園業者(44)は「民主か自民かではなく、どちらの候補が予算を取ってきてくれるかだ」ときっぱり。同町の建設会社役員(44)は「公共事業が減ればやっていけない。島を理解している候補を選ぶ」と話した。

外国人介護士、受け入れ拡充を=技術者の定住促進も提言−法相懇談会(時事通信)
<遺伝カウンセラー>雇用拡大目指し NPOが今春発足(毎日新聞)
<小沢幹事長>首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)
「不思議の負けなし」ノムさん自民に心構え(読売新聞)
千葉大生殺害 前日、現場の部屋で1泊…関与認めた男供述(毎日新聞)
posted by ウマキチ at 16:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「政治とカネ」解明に全力=自民全国幹事長会議−谷垣総裁(時事通信)

 自民党は23日午後、党本部で全国幹事長会議を開いた。谷垣禎一総裁はあいさつで「参院選勝利を確実なものにするため、先頭に立つ決意だ。政権奪還の道を皆さんと歩みたい」と表明した。鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題については、「現政権の問題解明に全力を挙げる」と強調した。
 質疑では、参院選比例代表の「70歳定年制」について、長野県連の石田治一郎幹事長が「安易な例外的取り扱いはしないでほしい」と述べ、山崎拓前副総裁らを念頭に定年制厳守を求めた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

自民・大島氏、首相と小沢氏の説明要求=「自浄能力問われる」−代表質問始まる(時事通信)
サイト利用料を架空請求=詐欺未遂容疑で15人逮捕−警視庁など(時事通信)
<センター試験>インフルで欠席 初日は全国426人(毎日新聞)
<替え玉殺人>弁護側改めて無罪主張 大阪地裁で最終弁論(毎日新聞)
回らぬ風車、控訴審判決は「つくば市の過失が大」早大の賠償を減額(産経新聞)
posted by ウマキチ at 02:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。