2010年03月16日

女性が最もとりたい資格は「医療事務」 収入高いイメージ(産経新聞)

 不況の中、女性が仕事に生かすために最も取りたい資格は「医療事務」であることが、民間の調査会社のアンケートで分かった。医療事務は「最も生涯賃金が高そうな資格」でも1位になっており、高齢化社会を控えていつまでも働ける点や、都合にあわせた働き方ができる点が評価されたとみられる。

 民間の調査会社マクロミルの調査によると「取りたい資格」の2位以降は「マイクロソフト認定資格(MOS・MCAS)」「ホームヘルパー」「カラーコーディネート」と続いた。

 「医療事務」と答えた人は「派遣、正社員、パートと働き方が豊富」(28歳)、「不況でも仕事がありそう」(47歳)などを理由に挙げた。「マイクロソフト認定資格」では「PCは一通りできるがそれを証明するものがない」(35歳)、「どんな仕事にでも役立つから」(30歳)など。「ホームヘルパー」を選んだ中には「需要が多く、年をとっても元気ならば仕事がありそう」(44歳)や「親のことを考えると知っておいた方がよい」(34歳)と仕事以外に家族の介護に役立つことを理由に挙げる人もあった。

 「生涯賃金が高そうな資格」では上位から「医療事務」「WEBデザイナー」「調剤薬局事務」と続き、医療事務は賃金が高いイメージも魅力の一つに挙げられたといえそうだ。

 調査は3月1日から2日、全国の10代から60代の女性515人を対象にインターネットを通じて行った。

【関連記事】
患者交流、高齢者も携帯で…全国初の健康ポータルサイト 大阪・箕面
中国が記者への「資格試験」導入を準備? 香港英字紙が報道
茨城県が“広報のプロ”を募集 「広報監」新設
働く女性にとって関心のある習い事は「英語」
首相、医療改革も“宇宙人流”瞑想、催眠療法に保険適用!?
20年後、日本はありますか?

対馬市議会 「外国人参政権付与」に反対の意見書採択を可決 (産経新聞)
<患者骨折>胸部を強く圧迫か 逮捕の元看護師(毎日新聞)
「船長を逮捕するため侵入した」、SSのベスーン容疑者が供述(産経新聞)
グループホーム運営会社など捜索=7人死亡火災−道警(時事通信)
<枝野行政刷新相>消費税率上げる際は総選挙すべきだ(毎日新聞)
posted by ウマキチ at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。